自己紹介

こんにちは、「みずの治療室」の水野です。
数ある治療院のサイトからこちらをご覧頂きありがとうございます。
当院はマンションの一室にある小さな治療室です。
私ひとりで受付から治療までやっております。
安心していらしていただけるよう、自己紹介させていただきます。


  みずの治療室
  水野 美香(みずのみか)


略歴
埼玉県飯能市生まれ
県立川越女子高校卒業
東京外国語大学(ヒンディー語専攻)卒業
長生学園(夜間部)卒業
現在は横浜市在住

資格
按摩マッサージ指圧師(国家資格)

これまでの道のり

私が治療に初めて出会ったのは、20歳の頃にひどい腰痛になった時です。このときにある手技療法の治療院に通うことになり、軽い刺激の治療で、腰も良くなったうえにこんなに頭がスッキリしたのは生まれて初めて!というくらい体がラクになる体験をしました。

大学時代はヒンディー語というインドの言語や文化を専攻していました。あまり真面目な学生ではありませんでしたが、二年生のときに友達と二人でインドを旅行してきました。カルカッタ(現コルカタ)にいたときに時間があったので、なんとなくマザーテレサ(当時健在)の施設に行き、たった半日のボランティアをしていたところ、偶然マザーテレサ本人にお会いしました。小さな体だけどニコニコ元気なおばあちゃんで、その様子に惹かれて私も将来こういうおばあちゃんになりたいと思いました。(今でもそう思っていますが、はっきりいってほど遠いです。笑)「貧しい人のお役に立ちたい」などとインドに行っても、実際には行く先々で逆にインドの人に助けられるという経験をし、自分のあまりの役立たなさにトホホ・・・となった小娘時代でした。

卒業後は語学教材出版社の販売営業をしていましたが、治療で体がラクになった体験が忘れられなくて、自分もやってみたいと思うようになりました。働いて学費を貯めた後、まずは国家資格を取るために長生学園に入学。在学中から接骨院の見習いや銀座美容室でマッサージのアルバイトなどをし、学校以外にもいろいろな治療のセミナーに通って勉強していました。

平成12年に卒業、資格取得。
治療室の助手、老人介護施設の機能訓練員、鍼灸マッサージ院のスタッフとして勤務。
平成14年から、横浜市神奈川区のまつしま内科クリニックのリハビリテーション室に勤務。
こちらのリハビリには、肩こり腰痛から捻挫、頭痛、めまい、脳疾患、喘息などなどさまざまな症状の方が通院しており、手技療法を用いて多くの患者さんの治療にあたりました。

平成20年川崎市高津区にて子育て中のお母さんを対象とした整体治療室を開催。
平成21年訪問治療を開始。
平成22年クリニックを退職。
同年8月に「みずの治療室」を開設いたしました。


周りの人や環境に恵まれ、こうして人様の健康に関わるお仕事をさせてもらえていることをとてもありがたく思っています。「できるだけ負担のない刺激で最大の効果」を目指し、現在も各種セミナー・勉強会などで技術UPを心がけながら、治療にあたっております。

おまけ(笑)

好きなもの・・・
植物・草花、水辺の生き物たち、太陽さんさん
プラム系の果物、梅干、インドカレー(ただし激辛はだめ)
ミッキーマウスじゃなくてスヌーピー派
シルク・ド・ソレイユ
などなど

ブログもご覧ください → みずの治療室blog「みずのコトノハ」